別れる方法〜別れる覚悟

別れ方.net

← 「別れる」ということ ● 別れる覚悟〜現実を見る事 →


【PR】


【彼氏と別れるガイドブック】別れの成功率92%!別れさせた人数7536人の実績!

別れる方法

 別れる方法〜別れる覚悟


本気で別れたいと考えているなら、後戻りがきかない事は言うまでもありません。
大抵、この覚悟が出来ないがために、惰性的に関係を続けてしまう人が多いと思います。


物事には「はじまりがあれば必ず、終わりがある」

この事実を受け入れることは、簡単なようで案外難しいものです。
「命あるものは、いずれ必ず死ぬ」ということと同義です。


「いつか必ず終わる」ということは何となく理解できるでしょう。
問題はそれが、「いつなのか」ということです。


自分にとって大切な人やものを失いたくないと、どれだけ強く願っていても、
その「いつか」は突然やってくる。
大切に思う気持ちが強ければ強いほど、それは大きなつらい試練を与えます。


親や子ども、兄弟といった肉親や、恋人や親しい友人を突然亡くすという別れ。
これは筆舌に尽くしがたい喪失感と悲しみがあるはずです。


「なくして初めて、その大切さに気づく」と言われます。
「はじまりがあれば必ず、終わりがある」ことが自然の法則であり、後戻りできない現実である以上、
「別れ」を覚悟しておく以外に方法はありません。




     



別れる方法

恋愛は互いが同時に冷める事ができれば、それにこしたことはないけれど、
そういう例をあまり聞きません。
基本的にはどちらか片方の思いがさめる事によって、別れは生じます。


出会いからまだ日が浅いものから、何十年、という長い時間の付き合いもありますが、
思いの深さが時間の長さと必ず比例するとも限りません。


別れは基本的に、互いの「相手に対する思いの温度差の違いに端を発するから、
おおむね温度の低い方から、高い方へ別れの交渉が持ちかけられる。
そしてこの場合多かれ少なかれ、もめます。


普通、相手に対して熱い思いを持つ方が別れを拒むことになりますが、
そして、その温度差が大きければ大きいほど、もめる度合いは大きくなります。


重要なことは、このとき互いに大切にしたいと思っているもの(人)が浮き彫りになるということです。


互いの気持ちの温度差だけでなく、経済的な理由、子どもの養育、社会的体裁など、
そのとき、どうしても譲ることができない「最優先事項」を守ろうとする気持ちが働きます。


一生ものだと信じた恋愛が、あっけなく終わることがあるように、
軽い気持ちではじめた恋愛が、軽い気持ちで終わるとは限らない。


自分にとっては「軽い」関係も、相手にとってみれば何よりも大切な関係かもしれないし、
自分にとって最も大切な関係になるかもしれない。


恋愛の形に、あるべき形などというものはありませんから、別れの形も様々です。
はっきりとした別れがない、というのも、ひとつの形なのですが、


いつ、どんな別れ方になるかは、誰にもわかりません。
必ず別れがくるという事実と、それに対処する覚悟が必要だという事

同時に、自分にとって「かけがえのないもの」としての恋愛とはなにかを考えるヒントが
そこにあるのでしょう。

【PR】


どんな離婚問題もスピード解決! 澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」
【満足度96.4%!】〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜


柳原弁護士の女性の上手な離婚法【3ヶ月離婚相談付き】



← 「別れる」ということ ● 別れる覚悟〜現実を見る事 →

[PR]